小児はりは手際の良さが大事

こんにちは。駒井です。今回は、小児はりの見学レポートです。
元気のかたまり~という感じで動き回る子、じ~っとしたまま固まって見つめる子、色んな子がいました♡

小児はりを見た感想

刺さない鍼、ローラー鍼です。

小児はりでは、ローラー鍼を使って、手や足、お腹、背中のツボをコロコロ刺激していきます。子どもさんに語りかけつつ、お母さんとも会話しながら、 嫌がる子やくすぐったがる子に対しても手早く施術していました。久保田先生の手際の良さを学びたいと思いました。
途中気持ち良さそうに眠そうになっている子もいました。はりが効いてきたのね~と、改めてはりの不思議さも感じました。

小児はりを見て学んだこと

小児はりの施術時間は、ほんの5~10分です。少ない刺激量で十分な効果があるからとのことです。

じっとしている子ばかりではありませんし、くすぐったがる子もいれば、はじめてだと緊張して泣いちゃう子もいます。
そんなお子さんに負担をかけないためにも、手際良くやることが大事だとわかりました。

学んだことを活かすために

手際よくローラー鍼を肌に滑らせていくには、手の動きの柔らかさが大事です。
そして、ツボが並んでいる経絡の流れをゆっくり考えていては、手際よく施術なんてできません。

これからの課題として、
1.手の動きを柔らかくする
2.経絡の流れを手で触れるようになること
を意識して、我が子(15才)で練習していきたいと思います。

この記事を書いた人
駒井美代子(こまいみよこ)

主婦から一念発起して鍼灸師へ。男子三兄弟の母。
2020年4月から悠心堂に弟子入り。毎日成長中です。
好きなものは海。

悠心堂 呉施術院̩〈はり・きゅう・整体・小児はり〉
〒737-0052 呉市東中央3丁目2-18
診療時間:14時~19時(18時最終受付)
休診日:金・土・日・祝
Tel:080-6240-8917